エステナードソニック正しい使い方

 

エステナードソニックを使ってケアしても効果を実感できないと思われている方の中には、使い方を間違われている方もいます。

 

エステナードソニックROSEは医学雑誌にも掲載されるほど信頼性も高く、人気の美顔器ですが、使い方次第でその効果も半減してしまいます。

 

ここではエステナードソニックの正しい使い方をご紹介いたします。

ジェルをのばす

先ずは、洗顔後のお肌にジェルをのばします。

 

ジェルの量はお顔半分で500円玉大、お顔全体で500玉大×2個分になります。

 

エステナードソニックのヘッド部(お肌にあたる部分)とお肌の間に2〜3oのジェルがある状態をキープすることが大切です。

 

ジェルが少ないと滑りが悪くなり、お肌を擦ってしまうことになるばかりか、ジェルが擦られてポロポロになってしまう原因にもなります。

モードを選ぶ

エステナードソニックには、3つのモードがありますが、ジェルを使うのはWモード(超音波+イオン)、リフトモード(超音波出力2倍)のどちらかです。

 

モード切替は電源スイッチを押して選びます。

エステナードソニックを持つときは、必ず左右側面のアースプレートに指が触れるよに持ちましょう。
ヘッド部分にお肌が触れてアースプレートにきちんと指が触れていれば、「ピッピッ」という音がして、スキンセンサーが表示されます。

 

逆にスキンセンサーが表示されないければ、アースプレートに指がきちんと触れられていないということにあなりますので、しっかりと触れて下さい。

1回5秒くらいの速さが基本!

動かす方向は「下から上」が基本です。
1回の動きは約5秒くらいです。
見ているとササッと早く動かしている方が多いのですが、1回5秒は結構ゆっくりなんです。

 

1部分の3秒以上固定させてはいけないのですが、早く動かしてしまうのも、超音波がしっかりお肌の奥に届かないので、初めのうちは5秒を意識して動きの速度の感覚を覚えるといいかと思います。

 

毎日する場合は5分でもOKで、しっかりケアの場合は10分くらい目安です。

 

10分経過すると「ピーピー」という音がして、自動で電源がOFFされます。

週1回のクレンジングケア

 

毛穴の汚れのケアは週1回で、クレンジングモードを使ってお手入れします。

 

ヘッド部分にコットンをつけ、コットンにお水を含ませます。

 

電源を押して、クレンジングを選んで、1ヶ所10〜15秒ほど軽く押し当てていきます。

 

ヘッドを少しずつ移動させていくのですが、注意しなくていけないことが、コットン面でお肌を擦らないことが鉄則です。

 

擦って移動するのではなく、場所をずらすという感じですね、

 

使用後のコットンを見てみるとわかるのですが、この機能は結構汚れがとれるんですよ^^

 

日々の洗顔やクレンジングでは取り切れない汚れや、毛穴奥の汚れをイオンの力で吸着してくれますので、スッキリしますし、くすみに悩まれている方にも最適な機能です。

 

お顔全体で5分程度のお手入れで、週1回でOKです。

 

クレンジング機能でお手入れした日は、エステナードソニックを使った他の機能のお手入れはお休みしましょう。

 

エステナードソニック体験レポートはコチラから